FXで安定した取引を実践するために必要なこととして、様々な意見を確認することが大切です。様々な意見の中でもっとも有名な格言として、「頭と尻尾はくれてやれ」というものがあります。もともとは株の相場から出てきた言葉なのですが、FXでも値動きによって大変有効な格言だということで、多くのトレーダーによって活用しています。意味としてはいったいどのようなものなのかというと、市場にとって値動きの最大の高値を頭といい、逆に最大の安値を尻尾といいます。どのような意味なのかというと、自分自身で相場の判断をしてできるだけ大もうけをしようとして頭や尻尾、つまり最高値や最安値で取引を狙って温存しておくことは考えず、そこそこの部分での取引を実践しても受けるようにするべきだという格言といえます。心理的に誰もが大もうけをしたいからこそ、最安値と最高値での取引を実践することが大切ですし、実践しておくことが大切だといえます。そのため、非常に効率よく運用したいからとついテクニカル分析での判断を読み誤ってしまい、あせりのあまり最大値を違った方向で狙ってしまうということもあります。その場で損をしたとわかると、更にお金をつぎ込み、更なる高値を実践することが大切だといえます。自分自身で適切に取引がどうしてもしたいというのはわかりますが、心理的な部分の判断をちょっと冷静になって見つめ返す時間は大切だといえます。そのため、判断を適切にできるようにしておくことができるよう、頭と尻尾を狙わずにほどほどの儲けを判断することが資産運用にとってもっとも大切なことという、ありがたい先人たちからの知恵だといえます。

実際に一番大切なこととして、市場の流れによって取引を実践するときに、市場でどのような情報が流れれば取引を実践しやすくなるといえます。自分自身で取引の市場の流れに踊らされていないか、また、同じ過ちを繰り返していないか、確認しながら取引を実践することが大切です。

そのため、魅力的なポイントを選ぶ前に、これを購入することによって市場からうける影響を与えたらいいのかを判断できることこそ、最大の取引を実践するために大切なことだといえます。自分自身で取引を実践するときにチャートを優先した判断材料と知ることが大切ですが、チャートだけでは納得できない急激な市場の値動きも大切です。自分自身で取引を率先して実行するときには、チャートだけではなく、新聞などのニュースをも適切に把握することができるようにしておくことが大切です。それによって、頭と尻尾を見据えた取引が可能といえるでしょう。